オルタナティブ投資図鑑

Alternative Plan

5000万円の資産運用方

7000万円を資産運用する方に知って頂きたいオルタナティブ投資の必要性とは?

7000万円という資産を保有している方は、もうすぐ大台の1億円を達成する基準です。

7000万円を資産運用を行うことにより1億円に達成することは比較的簡単ですが、

下手をすると資産を大きく落としてしまう可能性もあります。

 

今回はある程度の資産を保有しているからだからこそ、気をつけて頂きたいことについて、

お伝えしていきたいと思います。

 

7000万円という資産を安全に運用すると途方も無い時間がかかる

7000万円を安全に資産運用して1億円に投資のに具体的な運用先は債券となります。

しかし、現在はコロナによる世界的な金利安によって米国でも殆ど金利はつきません。

以下は米国の国債と社債の利回り水準です。

 

米国債と社債の利回り水準

 

先進国で最大の利回りを誇る米国であっても、殆どゼロ金利なのです。

もう、元本保証型の安全な投資で資産を構築するという考えは捨てた方がよいでしょう。

 

7000万円を米国の株式市場で運用するのも一つの手だが・・・

米国の株式市場にベットするのも非常に有効な選択肢です。

米国の株式市場は19世紀後半から130年平均で年率5%~6%で株式が成長してきています。

 

S&P500指数の株価推移

 

 

年率5%で資産が成長したら8年後に1億円
年率6%で資産が成長したら7年後に1億円

かなり早い段階で7000万円を資産運用で1億円を達成することが出来ます。

 

長い期間でみると恐らく確度高く5%~6%で運用できるのですが、

局所的にみると戦争やITバブルの崩壊、リーマンショックと大きく価格が20%~50%大きく、

下落する局面もあります。

 

7000万円という資産が20%下落するだけで5600万円に、50%下落すると3500万円となってしまうので、

ある程度資産が大きいからこそ定期的に下落する可能性がある米株式市場だけに、

大きなポーションをベットするのは危険であるといえます。

 

7000万円を安全性を高めながら運用する投資先-オルタナティブ投資という選択肢-

大きな資産を運用するのであれば、既に大きな資産を安定的に運用している機関投資家の、ポートフォリオを参考にするのが非常に参考になります。

 

今までハーバード大学やイェール大学などの20年平均年率10%以上の利回りを出している、

米国大学基金について分析してきました。

☞  資産分散を行い市場平均をオーバーパフォームする投資ポートフォリオを組成する為の考え方

 

ハーバード大学やイェール大学の運用基金は平均して70%程度を『オルタナティブ投資』で、構成しているという特徴があります。

 

エンダウメントの資産分散

参照:幻冬社

 

オルタナティブ投資全体の特徴として、伝統的な株式市場や債券市場の価格と異なる、

値動きを行うというものがあります。

 

危機が発生した時にポートフォリオの全ての資産が下落しては安定運用を達成することが出来ませんよね。

☞ オルタナティブ投資の種類とメリット・デメリットをわかりやすく紐解く

 

更に後程詳しくお伝えしますが、オルタナティブ投資の代表格であるPEファンドやヘッジファンドは、

通常の株式市場よりも高いリターンを得ることが出来る為、多くのポーションを両大学も組み入れています。

👉 ファンドの種類毎のおすすめランキングを紹介してみる、投資信託・ヘッジファンド・PEファンド

 

オルタナティブ投資に着目しているのは何も日本だけの話ではありません。

 

Bloomberg『日本生命が海外オルタナに2000億円投資、低金利運用で収益下支え』という記事が直近でていますが、

日本の機関投資家の代表家ともいえる日本生命の運用部門も、安定した高収益獲得の為にオルタナティブ投資を取り入れています。

 

日本生命の投資ポートフォリオ

 

今回は日本生命も着目して大きなポーションを割いている、新興国ファンドとヘッジファンド・PEファンドについておすすめの投資先を紹介していきたいと思います。

 

高い利益が期待できるヘッジファンド

まずハーバード大学やイェール大学も最大ポーションを占め、

日本生命も多くの割合を投じているPEファンドとヘッジファンドについてお伝えします。

 

ヘッジファンドはどのような市況であっても収益獲得を目指す『絶対収益型』のファンドとして注目されています。

👉 日本のヘッジファンドのおすすめ投資先ランキング!投資信託との比較と絶対収益型Hedge Fundを選ぶメリットも解説。

 

ヘッジファンドはどのような市況環境でも収益を狙うので、

市場が危機の時でも下落幅を抑えるか反対に利益を狙うこともでき、

以下のように株式市場平均よりも高い成績を、しかも安定して残しています。

 

ヘッジファンドのリターン

 

通常ヘッジファンドは閾値が高く、最低出資金が1億円時には5億円以上となっているのですが、

私が投資を行っている日本発のファンドでは、最低1000万円(場合によっては以下でも可能)から出資を受け入れています。

以下で詳しくお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

☞  安定運用!!評判のBMキャピタル(CAPITAL)の運用成績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドを紐解く。

 

高い利益が期待できる新興国ファンFrontier Capital

次に新興国ファンドですが、新興国は内需をドライバーとして成長している国が多く、

世界景気に影響されることなく高い成長を見せ、株式市場が上昇していく可能性を秘めています。

 

要は日本の株式市場が急騰した1970年代後半から1980年代のような国に投資を行い、

大きな利益を得ることを目的とするのが新興国ファンドです。

 

本当に高い利益が出せるのは成長力が高いにいも関わらず、割安に取引されている株式市場です。

 

新興国株式市場を投資対象としているプライベートファンドであるFrontier Capitalは、

まさに割安で成長力が高い国と企業にのみ厳選投資を行って高い利益獲得を狙っています。

 

同社にも一部のポーションを預け入れておりますので、以下Frontier Capitalの公式サイトも、参考にしてみて下さい。

 

新興国株式投資ヘッジファンドのフロンティアキャピタル(Frontier Capital)とは?

 

7000万円で1億円を目指す資産運用のまとめ

7000万円を3%で運用して13年後に1億円にする方法は米国の債券に分散投資を行えば可能ですが、

更に早く10%以上の利回りで4年以内に更に安全性を考慮して達成する為には、

 

海外や日本の機関投資家にならってオルタナティブ投資をふんだんに取り入れる必要がある。

特にヘッジファンドや新興国ファンドについては高いリターンを見込めることから、

ポートフォリオの一部のポーションとして積極的に取り入れることが推奨されます。

 

以下ランキング形式にもまとめていますので、参考にしてみて下さい!

 

ファンドの種類毎のおすすめランキングを紹介してみる、投資信託・ヘッジファンド・PEファンド

 

-5000万円の資産運用方

Copyright© Alternative Plan , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.