オルタナティブ投資図鑑

Alternative Plan

1億円-10億円の資産運用法

2億円~3億円あればアーリーリタイアできるのか? 安定した老後を送るための資産運用法をともに紹介する!

一体いくらの金額があれば、完全にアーリーリタイアすることが出来るのか?

これは、人生の大きな命題ではないでしょうか。

 

以前、5000万円の貯金があったら何ができるのか。セミリタイアには十分なのかを検討しました。

結果的に、5000万円ではリタイアやセミリタイアについては難しいことを説明しました。

 

今回は2億円~3億円という大きな資産を築いた場合は、リタイアすることは可能なのか?という点について詳しく見ていきたいと思います。

 

日本のオルタティブ投資先(ヘッジファンドなど)おすすめランキングBEST3を紹介

 

2億円~3億円という資産の価値

2億円~3億円という資産は非常に大金であることは言を待ちません。

 

サラリーマンの生涯年収は低い業種で2.5億円、金融などの比較的高い業種で3.5億円となっています。

実際の手取りはもっと低くなることを考えると、2億円を貯金だけでサラリーマンとして貯めるのは不可能ですね。

 

2億円~3億円という資産の価値

 

野村総研のリサーチによると、全体の2.28%しかいないので2億円~3億円となると、1%を余裕で切ってくる水準の富裕層となってしまうでしょう。

むしろ、私としては1億円以上の資産を保有している人が2.28%。

つまり小学校などで40人のクラスで1人は1億円以上の資産保有者がいるという計算ですね。

 

2億円~3億円という資産があれば基本的にはリタイアは可能

2億円~3億円があれば結論としてリタイアすることは可能です。

老後に必要な費用は年金を貰えることを考えると多めに見積もっても、2億円~3億円あれば取り崩しても十分おつりがきます。

単純に60歳から長く生きて100歳まで40年間生きたとしても、1年間あたり500万円~750万円を取り崩せる計算になります。

 

更に年金もOn topで頂けるようになるので、裕福な老後を送ることが可能ですね。

ただし、2億円〜3億円の資産をただ現金として保有し、取り崩していくだけというのもあまりにも夢がありません。

 

毎年500万円~750万円を取り崩せるアドバンテージは大きいですが、東京在住であればそこまで裕福な生活にはなりません。

また、毎年取り崩す金額の他の大きなまとまった資産はいわば「寝かせておく」ことになり、これは非常に機会損失です。

資産を一般的な資産額の人よりもさらに大きく増やせる機会にも恵まれています。

 

例えば、後に紹介するヘッジファンドなどは、まとまった資産があるからこそ優秀なヘッジファンドマネジャーに預け入れ、安定運用してもらうことが可能です。

 

 

2億円~3億円をさらにジャンプアップさせる投資先

それでは2億円~3億円を更に育てる方法について、幾つか紹介していきたいと思います。

対策①:金を保有する

金を保有するというのも、言わずもがなインフレ対策としては非常に有効です。

しかし、金は不動産に比べて更に配当収入を生まず、金は金のままでしかないので、平常時は何も生まないという欠点があります。

 

一部のポーションを金として保有するのは資産分散の観点からも有効でしょうが、多くのポーションを金で保有しておくのは勿体ないと言わざるを得ません。

インフレ対策に金投資は有効なのかを徹底検証

 

過去10年で、低迷した時期もありますが、有事の際の金、として結果的に上昇してるのがこのGOLDという商品です。

新興国の富裕層が自国通貨へ信頼が持てないことから、投資先として選ぶ傾向があります(中国の富裕層も同様の考えです)

 

金先物チャート

 

2020年のコロナショックを機に、大幅に価格が上昇しました。

あくまでも有事の際の投資先として、ポートフォリオの一部に含めるのが最適解でしょう。

 

対策②:米国債・社債を保有する

また海外の資産を持つというのも有効な対策となります。

 

日本固有の危機が発生した場合に、米ドルで保有していれば円安の影響を避けることが出来るので、危機を脱することが出来ます。

安全性第一で考えるのであれば、米債券の保有がおすすめできます。

 

米国債と米社債を組み合わせることによって、年率平均3%程度のリターンを得ることが出来ますので、600万円~900万円の収益を得ながら資産を保全することが出来ます。

ただし、これは2020年のコロナショックが起きる前の「業績相場」時代の話であり、現在は超低金利となっております。(1%程度)

 

2020年前の数年は米国債は安定的に3%のリターンを生んでいたので、大きな資産を持つ人には優良投資先でした。

しかし、今のような金融相場では、株式市場に結局はアプローチするのが正解です。

株式投資は長年の歴史で最もリターンの高い投資であることも証明されています。

 

以下の通り、1802年〜2016年まで、株式投資の平均リターンが6.7%と長期国債、短期国債、GOLD、USD(現金)を凌駕しています。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ではないですが、歴史に学ぶと株式投資に取り組むのがどうしても正解です。

 

株と債券と金と国債の超長期リターンの比較

 

ただし、株式市場にアプローチするといっても、個別株を購入してキャピタルゲインを狙うなどは、まさに獣道を走るようなものです。

すでに2億円以上保有する人が、わざわざ獣道でハイリスクハイリターンを狙うのは少々おすすめできません。資産10億円以上を目指す、という気概のある人だけが株式投資の個別株は実施すべきでしょう。

 

高配当株も賛否両論ありますが、2020年のコロナショックのようなことが起こり、高配当銘柄は次々に減配を発表しました。

また、株価も大幅に下落しました。つまりは、高配当株は安全という神話はわかりやすく崩れ去っていきました。

 

株式市場へのアプローチはではどうするかというと、株式投資で勝率の高いファンドマネジャーが運営するヘッジファンドに預けるのが、安全でしょう。

次で紹介しています。

 

 

対策③:安全投資をモットーとしているヘッジファンドに投資する

資産を守りながら育てるという観点で最もおすすめできるのが、元本の安全性を重視した本格的なバリュー株投資を実践しているヘッジファンドに投資を行うことです。

 

日本では老舗とされ、着実にリターンを出すことで評判のBMキャピタルが有名です。

BMキャピタルはは基本的には伝統的なバリュー株投資を行い年10%程度のリターンを安定的に狙うことができます。

 

2億〜3億保有している方が最も心配するのが資産を大きく失うことだと思います。

株式市場暴落局面で30%も資産が下落してしまったら資産を6000万円〜9000万円失うことになりますからね。

 

またBMキャピタルは下落耐性が非常に強く、チャイナショック、2018年末暴落、コロナショックを無傷で乗り切っています。

 

暴落に強いBMキャピタル

 

また、直近のコロナショックにおいても、一時的にGOLDを保有、また空売りポジションも一部取るというマルチストラテジーで市場平均をはるかに上回るリターンを残しています。

資産を守るだけでなく、守り育てるという観点にたつのであれば非常に魅力的な選択肢であるということができるでしょう。

 

安定運用!!評判のBMキャピタル(CAPITAL)の運用成績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドを紐解く。

 

 

BMキャピタルのファンドマネジャーの投資手法は「バリュー株投資」です。

バリュー株投資は企業の決算を読み解き、明らかに割安であると判断できた時に投資を実行する投資手法です。

 

バリュー株投資の一番難しいところは、決算を読み解き、どのような兆候があれば割安である、と判断すべきかという点です。

バリュー株投資をしているという人はインターネットでも多々見かけますが、そんなに簡単の手法ではなく、投資銀行などプロフェッショナル集団の中で実践で学んだ経験も不可欠です。

 

BMキャピタルの場合、ファンドマネジャーがバリュー株を発掘し、そのバリュー株が割安と判断した時の基準を外れた時に売却します。

株式投資は感情で実行してはならず、とにかく勝率の高い手法を確立し、あとは機械的に実行する、これが正攻法であり、必勝パターンです。

 

多くのファンドを見てきました。

その中で、BMキャピタルほど機械的に、そして10年近く安定的にリターンを出している実績を出しているファンドはなかなか見つかりません。

必勝パターンを機械的に実施していることがとてもよくわかります。確立された手法であり、高い勝率を維持できている手腕から、筆者自身も長年BMキャピタルで運用してもらっています。

 

安定運用!!評判のBMキャピタル(CAPITAL)の運用成績・利回り・投資手法を紐解く!日本のアクティビスト型バリュー株ヘッジファンドを紐解く。

 

 

2億円~3億円でリタイアすることが可能なのか?まとめ

2億円~3億円あれば現状の金融環境であれば、

働くことも運用することなく資産を切り崩していくだけで老後を余裕で過ごすことが出来ます。

2億円〜3億円を守るという観点を重視するのであれば下落耐性が強いヘッジファンドがおすすめの選択肢となります。

以下でランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

-1億円-10億円の資産運用法

Copyright© Alternative Plan , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.